ディズニーランドのお土産

夏休みが近づいてきたからか、休み明けには、ディズニーランドのお土産のお菓子が必ず一つはのっています。
席を外したときに置かれたとしても、だれがくれたかはわかなくても、ディズニーランドのお土産というのはもちろん一目でわかります。
独特のシルエットのおかけですね。

しかもなぜか、はずれがありませんね。
まあ、そう思うのは私だけかもしれませんが。

ディズニーランドのお土産は、オープン当初に比べるとかなり変わってきたように思います。
初めは、コップやTシャツなどが幅をきかせていました。
たまに、変わり種を探そうと思うと、アトラクションの横にある小さなショップを探していました。
そこには、思いもかけないものがあるからです。

私は、ビーフジャーキーがお気に入りでよく買って帰りました。
アメリカでうっているような硬いものではなく、ソフトなビーフジャーキーで子供もたべられそうになっているあたりは、さすがにディズニー。

さて、最近は、どうかといえば、やっぱりメインはお菓子をもらいます。
あとは文具が多いようですね。
実は好きなのはチョコレートなのですが、かさばるからか、コストパフォーマンスが悪いのか、はたまた、暑さに弱いからか、なかなかもらえないですね。

自分で買いに行けば住むことなのですが、やっぱり少しでもすいているときにと思ってしまうずるがしこい大人なのです。
姪っ子たちはそれでも目いっぱい遊び、人の群れに押されながらお土産を選んでいるので、そのエネルギーに脱帽ですね。

«
»