japanese food

海外で日本のラーメンが大ヒットしているらしい。
中でも、博多発祥の豚骨ラーメンの海外店舗では行列が途切れないんだとか。
内装は、日本によくあるラーメン店とは違う、モダンな和食屋という印象にしているお店が多い。

壁や床、天井、カウンターもすべて黒で統一されている。
白の筆のようなもので、なにやら漢字でデザインされている壁は、書き殴ったような筆運びがいかにも外国人に受けそうである。

実際の日本のラーメン店はこんなに内装にこだわっていないと言いたい。
ヒマなときはスポーツ新聞を見ているぶっきらぼうな店主とラーメンを運ぶ奥さん。
言葉を交わさずとも互いに意思が分かる熟年夫婦の雰囲気がそのまま客席にも現れている。

油が溜まった天井や床、漫画本が置いてある棚、扇風機など、これが実際の豚骨ラーメン店である。
海外に出店するにあたって、「いかにも日本的」な要素を取り入れているのであろう。
掛け軸などをインテリアに取り入れているお店もあるようだ。

日本でイタリア料理店などに行くと、イタリア国旗やパスタの材料である麦が壁に飾られていることがあるが、これと同じようなことだろう。
ただ、「いかにも日本らしく」を追い求めすぎて、逆にリアル感が無くなっている海外の日本料理店もある。
うどんやそばのお店では、こけしを何十体も並べてみたり、大漁旗をたくさん掲げたりと、日本人から見ると「やりすぎ」と感じる。

一輪挿しにツバキが差してあったり、夏は風鈴がある、くらいのさりげないところが日本の本当のインテリアだとぜひ感じてほしいものだ。

«
»