浴衣で自分らしさを出す

浴衣を着る機会が増えてくると、ちょっとしたお店にも浴衣が並んでいます。
ほかの着物とは違い、着た後の手入れも楽ですし、着付けも、お店で手軽に着せてくれるので、とっつきやすいのかもしれません。

子供たちの浴衣ドレスもかわいいですが、最近では、大人の人たちも負けず劣らずの個性を出しています。

一番手軽なのは、髪型です。
自分でぱぱっとお団子にしたり、夜会まきにして、そこに指す髪飾りにこだわったり、小粋なかんざしにしたりと個性が見られます。

次に下駄です。
いまやサンダルに合わせて浴衣を着る人が多いようですが、そのサンダルも浴衣に合わせたデザインになっていたりして違和感がありません。
普段からサンダルを履きなれていれば歩きにくさもないでしょうから、いいですね。
ただ、気を付けなければならないのは、普段通りの歩き方で歩いてしまうとかっこわるいだけでなく、着くずれを起こしやすいので気をつけなければなりません。

今年になって、急に着目を浴びるようになったのが、帯に着ける帯飾りです。
普通の帯も、飾り一つで印象が大きく変わるので、便利です。

追加で着けるものと言えば、つけ襟と言って、襟のところにつけるものですが、それも浴衣の涼しさを強調できるように洋服のレースのようなものでつくられていたりするものがあります。

とってもかわいいので、是非トライしてみたいと思うのですが、どうしても、粋に着たいとおもうと、昔ながらのきかたになってしまいます。

«
»