高校生活

私の高校生活には、これといって輝かしい思い出がないように思います。以下、私の高校時代のお話です。
 私は通学に1時間ほどかかる高校に進学しました。

私の中学からも、私の他に4名ほど進学しました。その高校を選んだ理由は、自分の学力にあっていた事と、制服が可愛かったからです。
 入学し、自分のクラスへ行くと、推薦入試の集団面接で同じグループにいた子が数名おり、その子たちと仲良くなりました。しかし家は遠いことから、学校以外での関わりはほとんどありませんでした。進学校だったので、普段の授業はもちろん、週末には大量の宿題が課せられ、常に勉強を強いられていました。1年生の頃から全国模試も頻繁にあり、大学進学が当たり前という感じでした。
 私は部活動に入らなかったため、授業を受けて帰るだけの生活でした。そのため先輩や後輩との交流はなく、常に同じ友人としかつるまない、狭い世界にいました。しかしその友人とも、本気で悩みを打ち明けたり、恋愛の話をしたりということはなく、薄っぺらい付き合いだったと思います。
 受験生になると、毎日が地獄でした。放課後の補習授業、土日の模試、夏休みの一日10時間勉強など、思い出したくもありません。本当にこの苦しみから解放されるときが来るのだろうかと、本気で思いました。その後無事志望校に合格し、反動からか大学では全く勉強をしませんでした。何のためにあんなに受験勉強を頑張ったんだと、自分でもおかしく思います。
 こう思い返してみても、あまり楽しかった思い出などが思い浮かびません。今思うのは、あの頃は色々と無理をしていたなということです。しかし今の自分があるのも、あの頃の自分の頑張りのおかげだと思い、これからも大事な思い出としていこうと思います。

夏は盛況なダイビング
石垣島ダイビング盛況
シーズン真っ盛りのファンダイビングを体験するならマンタウォッチング
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»