様々な言語

今、出張先のホテルにいる。
実は先週同じホテルに来たばかりだ。
まさか同じ場所に来るとは思わなかった。
フロントがあるロビー階から客室棟のエレベーターに乗ると、韓国語や中国語、英語、スペイン語など様々な言語が聞こえてくる。

それほど世界中から宿泊客が来ているのだ。
外国人のお客さんは、日本語がほとんど分からない人ばかりのようだが、このホテルには日本語以外の言語を話せるスタッフがたくさんいるので、とても快適に過ごしているようだ。

フロントでは「朝ご飯会場に行くエレベーターはどれ?」とか「水を買いたいんだけど?」というようなことを聞かれている。
身振り手振りしている様子を見て、私は予想しているだけだが、おそらくそういった内容だと思う。
フロントやクロークに居るスタッフは、言いよどむこと無くスラスラと英語で答えているようだ。
分かるスタッフを呼んだりしている人は見ない。

英語以外の言語で尋ねて来る人に対しても答えているので驚く。
何カ国語も話せる人でないと採用していないのだろうか。
日本人の私も、ホテルが広すぎてたびたび迷っている。

先ほどコンビニエンスストアに飲み物を買いにいってきたが、道順を尋ねたときにフロントの女性の説明は大変分かりやすかった。
外国語どころか日本語でしっかりと説明することが苦手な人も多いが、私の目線に立った説明の手順で、とても助かった。
そうこうしている間に韓国からの女性の団体客が到着した。

次々に荷物を運んだり、説明を始めるホテルマン。
多才だ、多才すぎる!

«
»